裁判員制度の成り立ちみてみます。

MENU

成り立ち

 

 

裁判員制度が導入された経緯について説明してみます。これまでの裁判は、裁判官や弁護士、検察官などの法律に関する資格を持った専門家によって行なわれてきました。

 

 

裁判とは、豊富な法律知識を持つ専門家にとっては当たり前の事ですが、知識を持たない市民にとっては判決文を読むことさえも難しいものです。

 

 

しかし、そのような専門家でも、正確な審理を重視するあまり、判決には長い時間がかかるケースが多く、裁判の長期化が日本においては重大な問題になって来ました。

 

 

さらに、審理が難しい日本の裁判は、市民に一般的な社会通念では受け難いものという印象を与えてきており、その司法と市民との間に壁が存在しています。

 

 

裁判員制度は、これらの問題を改善し、裁判を身近にしてくれます。裁判員制度の導入は、司法制度の改革が必要であるとの考えから議論され始めました。

 

 

平成11年に司法制度改革審議会にて導入の検討が行われ、その後も審議が重ねらて来ました。平成16年3月には「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律案」が国会に提出され、その5月の可決を受けて導入に至っています。

 

 

裁判員制度が導入されたことで、法律や裁判の行方が我々市民の手にも委ねられ、犯罪などのそれぞれの事件について深く考えられる社会になる事も期待されています。

 

 

今までの裁判の判決では、一般市民の視点から遠い内容の判決が下ることもありました。そのため、裁判そのものに信頼を置いてない方も多くいます。

 

 

裁判員制度の開始により、裁判が誰でも納得できるような判決になることも予想されます。裁判についての批判的な意見も変わっていくことでしょう。

 

 

また、裁判では、よく審議の長期化が問題にされます。その点についても、改善されていくことでしょう。このように、裁判員制度は多くの方から期待されている制度といえます。