裁判員制度のメリットを考える

MENU

メリット

 

 

裁判員制度導入のメリットには何が挙げられるでしょうか。最大のメリットと言えるのは、裁判を身近に感じることができるという点です。

 

 

裁判では、日常生活では使われないような法律の専門用語が多く使われます。それらの用語は、市民から見ると馴染みが無いものばかりで、理解しがたいものも多いでしょう。

 

 

裁判員制度は、市民の目で見た意見を法律の専門家である裁判官に述べて、一緒に議論しながら評決していくために、その過程では、裁判に関する知識が増していくことでしょう。市民が参加するという点で、裁判が日常的になり、その考え方も変わっていくのではないでしょうか。

 

 

裁判員制度の導入は、民意を取り入れ、よりよい判決を下すことができることが大きなメリットと考えられています。裁判では、過去に一般常識では考えられないような評決が下される場合もありました。

 

 

例え、法に照らし合わせると相応な刑罰であったとしても、世論的に刑が軽かったり、厳罰過ぎたりと社会的に批判される裁判が多かったのです。裁判員制度は、そのような問題点を改善し、より社会的通念に基づいた判決が出せることを期待されています。

 

 

裁判員制度では、裁判に掛かる時間が短縮されるのもメリットといわれます。裁判では、何度も公判が開かれ、結審されるまで数年、場合によっては数十年も過ぎてしまうこともありました。

 

 

しかし、刑事事件は毎日のように起こることでもあり、迅速な裁判が行なわれないと対処が間に合いません。裁判員制度を導入すると、速やかに評決が出せ、裁判の合理化と短縮化が期待されます。

 

 

裁判員制度は、裁判員制度導入と同時に、公判前整理手続という制度も設けられています。公判前整理手続によって、公判での争点が明確でわかりやすくなり、刑事裁判で掛かる時間が大幅に短くなるといわれます。

 

 

公判前整理手続きは、法律の知識を持たない一般市民にまで裁判を分かりやすくするために重要なものです。