裁判員制度に対するあれこれ

MENU

裁判員制度あれこれ

 

 

裁判員制度は新しい制度です。これまでは法の世界と無関係ともいえた一般市民が、裁判所で審理や評議を行う訳ですから、慣れないことや予想できないことも多々あるでしょう。そこで、裁判員制度についてのマメ情報をご紹介しましょう。

 

 

裁判員として求められることは様々です。その都度、裁判所の方から説明がされるので、事務的な業務はさほど不安もなく行なうことができるでしょう。

 

 

しかし、法律知識の無い人にとって一番不安と考えるのは、有罪と決まった際にどれくらいの量刑が良いのか、素人からは判断が付きかねるという点でしょう。裁判員制度では、量刑の基準となる「量刑検索システム」が利用されます。似通った過去の判例から適した量刑を決めやすくなる工夫もされているようです。

 

 

裁判員制度の裁判員になったら服装にも気を配りましょう。裁判官のような法服は着ず、基本的に自由で結構なのですが、被害者や遺族もその場にいあわせることを思って、裁判所内で過ごすに相応しい装いを選ぶようにしましょう。

 

 

それから、裁判当日の持ち物にも注意が必要です。危険物や録音が出来る機器全般は持ち込み禁止です。また、法廷内において、貴重品以外の持ち込みはいけません。所持品は備え付けのロッカーで保管します。携帯電話は、貴重品扱いで持ち込みは可能ですが、電源は切るのが決まりです。

 

 

裁判員制度に関連してはさらに細かな部分で規定があります。疑問があれば、裁判所などになんでも問い合わせて、確認しておくのをおすすめします。